世界が注目し、称賛する医食
ホーム > 世界が注目し、称賛する医食

世界が注目し、称賛する医食

栄養失調医食救われる


人生100年時代国民は健康に気を配りテレビでも健康関連の番組が目立ちます。 
しかし寿命は延びても床に臥せる高齢者は増えており高齢者医療に関る社会保障費は地方負担を除いても32兆円/年を超え財政を強く圧迫しています。

たきり老人医療費問題

人間同様犬や猫も昔に比べると倍近く長生きしています。 しかし人間と違い高齢でも元気で毛並も良く老衰間際まで寝たきりになる事はありません。
ピンピンころりの犬や猫は沢山いるが人は病弱で寝込む割合が多い。





犬猫の様に元気で長生き出来ると人生楽しいのでしょうが死ぬまで床に臥せては長寿が幸せなのか疑問を抱きます。
厚生省の調べでは国民医療費は高齢者になると若い人の4倍を超えるそうです。
何故でしょう。 人も動物も生命力自然治癒力に関る遺伝子DNAレベルは同じハズなのですが?
根本的な原因を究明しなくては高齢者が財政を圧迫している等と騒いだ処で事態は解決しません。






人と犬猫では日常生活で何が違うのでしょうか。
答えは直に判ります。
ちょっと考えると食事の違いと医療が異なる事が分かります。
犬や猫は昔の様に残飯を貰う生活と違い栄養が整ったペットフ療法食を毎日食べて免疫力と自然治癒力を養っています。




人は好みの食事で栄養偏り栄養失調」が生じますがペットは与えられた食事療法食を食べる事で容姿端麗毛並良好になり生涯元気に過ごしています。
犬や猫の毛並の状態からも美容と健康は深く関係する事が解ります。

ペットフドは栄養学的にも優秀な療法食が多く自然治癒力を養う上で十分な栄養が賄えます。
人は栄養不良で病を発症させそれを治す為薬を服用し更に免疫力と治癒力を低下させています。

若い頃ならまだ救われますが高齢になると薬の副作用に耐えられなくなります。
薬の長期服用は病から身を守る生命力自然治癒力を奪う結果になっているのです。
なので病院は生きる力を奪われた高齢者罠に嵌った年寄で溢れるのです。





犬や猫も病気になり動物病院に行く事がありますが人間の様に薬漬けにされる事は有りません。
動物病院は個人経営が多く家族同様の犬や猫が寝たきりになった等噂が起つと経営破綻になり兼ねないので治療は真剣なのです。
犬や猫特に馬に薬を服用させると極端に体力免疫力が落ちシバラク起き上れない状態に陥ります。









獣医は動物が自然治癒力が低下喪失すると悲惨な運命を辿る事を学んでいるので薬を処方する際は最小限の量に抑え様子を窺いながら治癒力向上を図ります。

犬猫には最小限の薬しか与えませんが人間の病院では軽い病でも大量の薬が処方されます。
人と犬猫では食有り方と治療法に根本的な違いが有るのです。

人間も脳と臓器がストレス栄養失調を生じない栄養が犬猫同様毎日摂れると治癒力UP120歳位までの生命力は備えているのです。
昔から施設病院運営の為暗黙で必要以上の薬が処方され副作用で生涯寝込むお年寄りは少なく無いのです。




近年これを見兼ねた国は薬は薬局で買う様にし病院には処方箋発行料だけが入るシステムに改定しました。 しかし製薬メの営業力は凄まじく病院医者処方する薬の種類や量は相変わらず多く人間社会の医療体制は通院患者お客が増えるのを期待するかの様です。
血圧計の様に薬の副作用で治癒力が低下する計器が発明販売されれば高齢者も真実を悟るのですが…




古くからこの事態を黙認して来た役人には大きな責任が有り許す事が出来ません。
薬の服用を止める事で病が回復に向かった患者さんは全国に山ほどいるのです。
病院で処方したお爺ちゃんお婆ちゃんの薬はネットで副作用を調べるなり家族は注意してあげなくてはいけません。




本来医薬品の役割は治癒力が元の状態に戻るためのバックアップ剤なのです。 
世の中心豊かな医者もいれば心貧乏な病院も存在するのです。
悲しい事に動物病院の方が誠実で正しい診察を行っています。 だから犬猫は老衰まで元気なのです。

化学物質で創られた医薬品の服用が長期化すると免疫力や自然治癒力は次第に衰え薬や医療設備無しでは生きられなくなります。
病院に自然治癒力が低下した高齢者お客様が溢れ寝たきり老人が増えるのは極当然なのです。





人も犬猫と同じ療法食を食べ自然治癒力を高めれば生涯元気に暮らせます。
治療は生命力自然治癒力を高める正当法の医療でなければ年寄のピンピンころりは在りません。
現在ではネットで正義の医療研究者が誠真実を掲載して知らせています。



医学知識を持った医者は安易に薬は飲みません。
飲む場合は漢方薬を優先します。
安易に薬を処方する医者や病院は営利優先闇営業です。 



しかし人間はペットと違い毎日美味しい食事を楽しみたい動物です。
いくら健康に優れていると言われてもペットフドの様な味気ない食事などしたくありません。

現代医食
は好きな料理惣菜を食べて有益な栄養が摂れる様開発した食事で有り食パンストをヒントに考案しています。
食パンと違い玄米大麦を主体に有用な43種の栄養素を25種の天然素材自然食材から抽出し摂取出来る様に設計しています。





食べ方はトスト同様好きな惣菜をトッピング盛付して召し上がります。
玄米生地はクセの無い玄米風味にしています。

惣菜とは別々べるご家庭も
医食はご飯として召上り惣菜は別に作る家庭も多いです。



1日に必要な栄養は朝食1パックで賄えるので昼.夕は普段の食事で構いません。
医食はweb公開から5年が過ぎ常食者が増えると同時に販売要請が高まっています。
今後店の顧客からの要望で料理店から美味しい医食が続々販売される事でしょう。




医食
がメジャになり病院から高齢者が減ると普及促進プロジェクトは終了します。
医食は日本特許を取得し世界の食品バイヤに注目頂いた事で多くの国から閲覧アクセスが有り自国の食材を基に創作した医食を試している形跡が窺えます。

この食品アイデアが国を跨ぎ世界中から栄養失調による病が減れば大きな喜びです。
dfでは未来の研究者から現代医食食材調合より更に優れた医食が創作される事を期待しています。



新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト