糖質「甘味」の危険な中毒性
ホーム > 糖質「甘味」の危険な中毒性

糖質「甘味」の危険な中毒性


同じ中毒症状


糖質生活習慣病関係
脳は欲求が満たされた時パミンが放出され活性化することで心地良い気持ち快楽を覚えます。
パミンとは作動神経が脳快楽脳内報酬系へ誘導する経路です。
食欲性欲を満たした時正常な快楽他に依存性が高い麻薬覚せい剤コカインのように快楽へ誘導する薬物も有ります。 
また驚いた事に
これら危険薬物より甘味成分方が脳快楽をより刺激すると言う研究デが公表されています。







つまり甘味は危険薬物より中毒依存性が高いになり易いと言った結果が出たのです。
砂糖糖質が多く含まれる食品や飲物は脳を快楽に導きます。
中毒性が非常に強く自制制御.我慢出来なくなり必要以上に飲んだり食べたりしてしまうのです。
精製された白砂糖は99㌫が炭水化物です。
ご飯炭水化物を噛んでいると甘く感じるのはこのためです。






過剰摂取による肥満糖尿病

これにより食べると同時に血糖値を急上昇させインスリン分泌を刺激し肥満糖尿病動脈硬化メタボリック症候群ガン等多くの疾患の原因有毒作用を招いてしまうのです。
精製された白砂糖白米小麦粉製品過剰摂取が認知症の原因虫垂神経を侵し慢性疾患を伴う事が現代医学でも明らかになっています。


世界保健機構WHOは塩分摂取量同様糖分摂取量を1日25g以下にすべきと2014年3月に発表しました。


 

しかし塩と違い糖の制限は現代社会に波乱を呼ぶ事態に成り兼ねずマスコミは報道を自粛しているかの様で真実を伝えたがらない陰の姿勢が問われています。
糖質甘味を控える事は中の食べ物が不味くなる味覚事を意味しており病人や死者が増えるとは言え使用を控える事は非常に難しいです。
依存性が強い砂糖を大量に使った食品が多いのでダイエット減量は難しいのです。



現代医食
自然治癒力強化
 
医食はそんな時代理論的に誰もが比較的簡単に糖摂取を減らし自然治癒力を強化できる様考案しています。
朝はパンと言う家庭は多いですが朝食医食に替えるだけで摂取を減らし栄養偏りによる栄養失調栄養障害を防ぐ事が出来ます。 また医食の常食が続くと臓器に断続的に栄養が行き亘る新陳代謝が活性化し細胞組織の修復また再生能力が復活し自律神経ホルモン系が正常に働く事で自然治癒力が次第に強化されます。








薬は化学物質で創る為副作用が懸念されますが
医食は天然素材自然食材から薬同様有用な成分を配合して作る為安心して常食世界注目できるのです



糖質摂取を少なくすれば糖尿病は発症しません。 
これは当然話ですが依存性が強いので非常に難しく大半の人がガン糖尿病になって怖くなり初めて自ら学びネット検索行動実戦するのです。
医食が注目されたのは食事として美味しく召上がれ常食する事で治癒力が断続的に保たれる仕組設計を創ったからです。


医食を常食する過程で自ずと糖の摂取は減り免疫力自然治癒力を共に養い病が予防され多くの命が救われます。



カロリ制限老化抑制 
医食は1食1パックで脳臓器が1日に要する栄養が摂取出来ます。
医薬品如く栄養成分が全て効果的に働く様に配分調合しています。

夕飯から半日12時間以上空け常食ください。
半日を超える空腹カロリ制限は消化吸収率をUPさせるだけで無くチュイン遺伝子効果老化抑制が働きます。
空腹時間が長いと細胞組織が若返る研究デ断食同様効果が公表されています。






半日以上空けると2食になってしまう人がいますが
それで良い糖質摂取量減りより効果的のです。
無理に時間を詰め3食食べる必要はありません。
人類進歩の過程遺伝子に沿って昼.夜の食事は野菜と肉をメインに食べると元気免疫力UPになり病に掛り難くなります。

検証もせず3度食べないと頭が回らない等と定説や能書きを垂れる人を真に受けると後で手痛い報道洗脳悪影響思いをします。




現代人に生活習慣病が増えたのは糖質多い食事にまだ身体遺伝子が適応していない事に根本的な原因が有ります。
何万年も狩り肉食草食野菜の時代が続き毎日食べなくも飢餓生きられる体に進化しているのです。
1日に2食3食と食べる様になった農耕糖質時代は極最近なのです。

人類は糖質摂取に適応できる体に進化している過程です。

現代でもパプアニュギニアの狩猟民族の様な昔ながらの生活では糖尿病などの現代病は存在しないのです。
農耕が始まり糖質摂取量が急激に増えた事で人類現代人は新種病に苦しんでいるのです。



糖質
必須栄養素では無い
 

世間には脳はブドウ糖でしかエネルギ
として使う事が出来ないから糖補給は絶対必要と語る人がいます。 しかしこれは大疑問です。
人は人類誕生から既に体が蓄えた脂肪タンパク質から肝臓でグルコスを生成しそれを燃焼させケトン体と言う物質糖新生を創りこれを脳エネルギとして利用して来たのです。







脂肪が多い体に更に糖を補給するから燃焼しきれず
肥満糖尿病になってしまうのです。

摂取を減らせばこれらは回避でき自然治癒力は従来のパワを出す事が出来迫り来る病を予防することが出来るのです。
糖質摂取が絶対駄目と言う訳ではありません。 
控えると自然治癒力は蘇るのです。


医食は健康効果より美容効果が話題を呼び女性中心に普及常食が広がっています。 しかし本当は中高年男性や高齢の人にも学んで頂き常食して貰いたいのです。
 



らすと健康寿命延びる 
例として男性が70歳位になると性欲が無くなった等との声を耳にしますが治癒力が正常であれば90歳近くまでは現役だと思われます。
80歳を超えても子孫を残す男性は世界には沢山います。
後期高齢の75歳前で現役で無いなら何らかの病障害を担っています。
野生動物の多く営みが出来なくなると死を迎えます。


 100歳


人は介護されるため直に死ぬ事はありませんが
然程変わらずお迎えが来ます。
病院には運営利益の為意識が無くも生かされている老人医療費圧迫が沢山います。

恋する老人は健康と言われるように性欲は健康のバロメです。
営み無くして人生100年健康で.ピンころりを成遂げる事は難しいです。
薬を服用している人は免疫力や自然治癒力が低下するので現役率は極めて低いと言えます。

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト