糖質「甘味」の危険な中毒性
ホーム > 糖質「甘味」の危険な中毒性

糖質「甘味」の危険な中毒性

   
  同じ
依存症





糖質現代関係

脳は欲求が満たされた時パミンが放出され活性化することで心地良い気持ち快楽を覚えます。作動神経が脳快楽脳内報酬系へ誘導する経路で溜まったストレスを発散させる役割を具えています

食欲性欲を満たした時正常な快楽他に依存性が高い麻薬覚せい剤コカインのように快楽へ誘導する薬物も有ります。 また驚いた事にこれら危険薬物より甘味成分方が快楽を
より刺激すると言う研究デが発表されています。
つまり甘味は危険薬物より中毒依存性が高いになり易いと言った結果が出たのです。
砂糖糖質が多く含まれる食品ご飯.パン.菓子類.飲物ジュス.炭酸飲料等は脳を快楽に導きます。
中毒性が非常に強く自制制御.我慢出来なくなり必要以上に飲んだり食べてしまうのです。

精製された白砂糖は99㌫が炭水化物です。

ご飯炭水化物を噛んでいると甘く感じるのはこのためです。



過剰摂取による肥満糖尿病.
糖質が多い飲物食物を過剰に食すと血糖値が急激に上がりインスリン分泌調整機能が狂い肥満糖尿病動脈硬化メタボリック症候群ガン等多くの疾患を招きます。

人は高血糖が長く続くと死亡する割合が高くなります。
インスリンとは簡潔に言うと高血糖にならない様に働くホルモン機能です。

精製された白砂糖白米小麦粉製品過剰摂取が認知症原因虫垂神経を侵し慢性疾患を伴う事が世界的研究人体への影響と進化過程でも明らかになっています。
遺伝子はまだ狩猟時代構造流れが占め農耕時代への改正は途中段階なのです。
昔ながら狩猟時代脂肪を蓄える遺伝子構造ままなので炭水化物が主食となった現代食事内容では太ってしまう人が多くなるのは極当然事です。
現代はこれを診越し炭水化物摂取を極力避ける自身健康を守る為各自が食事仕方を工夫制限しなくてはいけない時代なのです。

世界保健機構WHOは塩分摂取量を1日5gに引下げましたが
糖分摂取量も25g以下にすべきと2014年3月に発表しています。


 


しかし凶悪な塩分と違い
糖分制限は現代社会に混乱を呼ぶ事態に成り兼ねずメディアは報道を控るかの様で国同様姿勢隠蔽体質に一部国民は疑問を深めています。

糖質甘味を控える事は美味しかった食物が然程美味しくなくなる味覚事を意味しており病人死者が増えても使用を控えさせる報道は難題な様です。
現代社会は依存性が高い砂糖炭水化物を大量に使った味付が多いのでダイエット減量は難しいのです

医食自己治癒力強化 
医食はそんな時代理論的に誰もが比較的簡単に糖摂取を減らし自然自己治癒力を回復できる様考案毎日食事として戴けるしています。
朝はパンストと言う家庭は多いですが医食に替えるだけで糖質摂取量を減らし栄養偏りによる栄養失調栄養障害を防ぐ事が出来ます。 また医食常食が続くと臓器に断続的に栄養が行き亘る.新陳代謝が活性化し細胞組織修復また再生能力が復活し自律神経ホルモン系が正常に働き治癒力.免疫力共に回復療養するのです。

医薬品サプリメントは化学物質で創る為副作用後遺症が懸念されますが
医食天然素材自然食材から
有益な栄養素を抽出して
作る為安心して常食世界注目できるのです


糖質摂取を少なくすれば糖尿病は発症しません。 
これは当然話ですが依存性が強いため非常に難しく大半人が癌糖尿病と
診断されてから怖くなり
初めて自らが学びネット検索行動実戦するのです。
医食が世界に注目されたのは食事栄養素療養食として美味しく召上がれ習慣
的に
常食する事で
治癒力.免疫力が断続的に保てる仕組設計を構築したからです。
現在では医食をヒントに流動食栄養素治療食考案され、世界飢える子供飢餓
対策で利用されています。


医食を常食する過程で糖摂取量は自ずと減り免疫治癒力は養われ病が予防される事で多くの命が救われます。


普及効果カロリ制限で老化抑制 
医食は1食で脳臓器が1日に要する栄養が摂取出来ます。
如く栄養成分が効果的に働く様配分調合しています。
こんな食材料理で薬サプリと同じ効果が生出されるのかと思う人もいますが薬とて成分寄せ集めです。 成分を完璧に吸収させるが為、微量で効力を発揮する企て化学物質を使うをします

サプリは化学的に創る成分物質だから強力で小さな錠剤カプセル内に収まるのです。
後遺症が社会的に懸念され腸内細菌からも異物と判断されるサプリに頼らなくも医食から有益な栄養成分が摂れ食事として召上れます。

基礎疾患で複数薬を服用している場合コロナ等ウイルス病に陥ると重症化するケスが多いと報道されてから医食天然素材.食材
常食する人が急速に増えています。

夕飯から半日12時間以上空け朝食として常食ください。
半日を超える空腹カロリ制限は消化吸収率をUPさせるだけで無くチュイン遺伝子効果老化抑制が働きます。
空腹時間が長いと細胞組織が若返る研究デ断食同様効果が世界的に公表されています





半日空けると2食になってしまうと言う人がいますが
それで良い糖質摂取量減りより効果的のです。 無理に3度食べる必要はありません。


人類進化過程
遺伝子に沿って昼.夜食事は野菜と肉をメインに食べると元気免疫力UPになりより病に掛り難くなります。

自身で検証もしない又聞きで3度食べないと頭が回らない等能書きを垂れるコメンテ的な人話を鵜呑みにするメディア洗脳と後で手痛い思いをします。
問題が発覚しても局が謝ったり責任を取る事は決してありません




現代人に生活習慣病が増えたのは糖質多い食事に.まだ身体遺伝子が適応していない事に根本的な原因が有ります。
何万年も狩り野菜が主食
時代が続き食べれない日も多かった為日食べなくも生存出来脂肪を蓄える体に進化したのです。
進化した本来の健康体は脂肪を程好く蓄えた体です

美味しいもの甘味が何時でも食べられる時代になって肥満病が勃発したのです。
1日に2食3食と食べる様になった農耕糖質時代は極最近なのです。
人類はまだ糖質摂取に適応できる体に進化している過程です

パプアニュギニア狩猟民族様な昔ながらの生活では糖尿病等現代病は存在しません。
農耕が始まり糖質摂取が急激に増えた事で人類現代人は新種
病に苦しんでいます。 

古代人は木また種デンプン
糖質を貯蔵したり体に脂肪として蓄える事で
常時脳に栄養を届けられる体になり動物と違う優秀な脳を手に入れました。




糖質
必須栄養素では無い
 

世間には脳はブドウ糖でしかエネルギ
として使う事が出来ないから糖補給は絶対必要と語る人がいます。 しかしこれは大疑問です。
人は人類誕生から既に体が蓄えた脂肪タンパク質から肝臓でグルコスを生成しそれを燃焼させケトン体と言う物質糖新生を創りこれを脳エネルギとして利用しています。




  


脂肪を蓄えた体に更に糖を詰込むから燃焼しきれず
肥満糖尿病になってしまうのです。

摂取を減らせばこれらは回避でき自己治癒力は本来実力を回復する事が出来活性化した免疫力迫り来る病を撃退予防出来るのです。

糖質摂取が絶対駄目と言う訳ではありません。
現代人は必要以上に摂取してしまう中毒症に陥っているのです。 
控えると自己治癒力は回復に向かいます。

医食常食は健康効果よりダイエット美容効果が持て囃され女性口コミ広がっています。
現在もそれは変わりません。 しかし本当は高齢者
常食して貰いたい御食事です。
それは男性場合ある事が明様に実感でき驚きの療養効果を体感するからです。

健康効果が疑わしい食品をさも優秀かの様に大々的にPRCM庶民を騙すメ洗脳は早く終わりにして貰いたいものです。 
今はスマホネットで真実を確められる時代です。

 

医食常食健康寿命延びる 
男性が70歳位になると性欲が無くなった等との声を耳にしますが治癒力.免疫力が正常であれば90歳近くまでは現役だと思われます。
人類は病もストレスも生じなければ120歳までは生きる生命力を備えています。
80歳を優に超えても子孫を残す男性は世界には沢山います。

後期高齢75歳前で現役で無いなら何らかの病障害を担っています。
動物多くは現役を終えると死を迎えます。

 100歳元気



人は看病され直に亡くなる事はありませんが寝老人になる等様々な問題を招き
ます。
調べでは男性は性行為が無くなってからほぼ10年以内に亡くなっています。
病院では意識が無くも営業的に生かされる寝老人医療費圧迫が沢山います

恋する老人は健康と言われる様に性欲は健康生命力を示す大切なバロメで有り恥しい事ではありません。 海外では健康長寿秘訣として年寄皆さん極普通に性行為を楽しみます
若くして性欲が弱い人は過剰なストレス栄養障害また薬を服用している事が多く国が掲げる人生100年は難儀だと思います。 世界的に性欲が強い人は男女とも健康で長寿秘訣と言われています

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト