トップページ


 スマホでの閲覧は横向きが見やすいかも知れません。
 .文字が乱れている場合ヤフから.医食クッキング教室.で検索ください。



.             世界標準医食.






                          
                        
                          
                     ..科学的見解免疫強化療養食




医食
調理法を掲載した美容
情報誌は美容院閲覧誌に利用頂いて
おりましたが
2014年にdf.HPでレシピを公表した段階で配布を終了しています。
調理法は当ホムペジ 医食クッキング教室 をクリックして閲覧できます。


  .df
食品開発
世界初食品用途発明製法技術
      自宅で作れる医食免疫強化療養食考案名称..栄養機能性即席食品
      実用新案登録番号..第3194059号..研究開発..安東猛.1950生.高知県高知市

dfが開発した免疫強化療養食製法は天然素材食材が具える栄養成分分量を分析調合する技術で医薬創薬
製法如く効力を発揮させる事ができ一口でも少量企画通りの
栄養を摂取吸収する事ができます。
これにより短期常食で腸内環境を整える術ができ兆候が表れる自己免疫力を最大に発揮させる事ができます。
療養食が家庭健康常備食として定着すると栄養障害による生活習慣病は劇的に減る事が予測されます。

製法ドッグフ療法食同じ





  朝食を医食に変えると元気になります。


医食
は愛犬健康を約束する欧米発祥ドッグフと同じ製法で作ります。
ドイツが世界に先駆け開発飼料検査協会食品医薬品局した家畜餌は畜産廃棄物処理飼料生産を同時に叶えた技術で世界に貢献しています。     .昔、骨や臓器は処理に困っていましたが今はどの国も飼料として利用しています

欧米ドックフ飼料工場別区部門
健康病予防
を目的に研究した療法食犬専用です。
犬はこの餌を食べると脳と臓器に必要な栄養が確実に摂れ本来免疫力を最大限に発揮でき多発していた犬病は減少し昔に
比べると毛並は綺麗で寿命も倍近く延びています。 日本の製品は20年遅れで販売されています

療法食が欧米全土に普及されてからは各国で犬品評会健康チェック毛並が開催される様になりました。




ドックフ一粒には犬健康に必要な全ての栄養を収め逃す事無く摂取できる様に図っています。 
欧米では指定機関からSUPER🍅MARKETに卸して販売するドックフードは犬の療法食として国が承認しています

一粒に全栄養を収める訳科学的見解は異なる餌食材を同時に食すと構造人体構造も同じ栄養が偏り必要な栄養を逃してしまうからです。 液状もしくは固形に全ての栄養を収める術製法技術が必要

このためドックフ一粒微量でも企てた全栄養が摂れ
ます。また栄養学.犬体構造学見解に限らず常食テスト治験を繰返し健康状態効果.効力分析管理しています。
           〔胃腸の消化吸収能力を見極めた食事量で、幾年にも及ぶ長期常食テストを実施しています










                           

  🥬 野菜から先に食べると太り難いのよ。

栄養
が偏る事態は人も同じで野菜から先に食べると太り難い様に人体構造学吸収範囲定義です。
このためドッグフや.療養食栄養学犬体人体構造学見解を成す栄養調合割合栄養バランスで作ります。 また人は犬と違い贅沢で我儘なので1食朝食昼.夕食は普段通り食事で構いません脳と臓器が1日に必要とする43種栄養が摂れる製法技術様に図っています。 

 ..アメリカ生まれのコーンフレーク等.シリアル系も栄養学人体構造学上の見解を
  .成せる様、朝食時に完全食に近い牛乳液状を混ぜる摂取方を採用しています。
  .日本の栄養バランス食は世界と違い栄養学の見解だけで矛盾考案しています。


腸内環境改善には栄養学&人体構造学科学的見解必要
動物腸には様々な菌が生息共存生きる上免疫治癒を養ったり有害物質身体に悪い影響を及ぼす菌ウイルス.化学物質を緩和.無毒化しています。
悪玉菌中にも毒物害を及ぼす菌を抹消したり肉などタンパク質を分解し消化吸収を助ける菌も居ます。 
また生まれたばかりの赤ちゃんは免疫を具えていませんが
免疫を宿す時重要な役割を担います。

悪玉と謳った名称は分別上解り易く伝える上でメディアが付けた呼名です。
大腸から排出する便オナラが異様に臭い時は悪玉菌勢力が適正値より大幅に上回りタンパク質分解時必要以上に腐敗を進めています。 臭いは健康状態を顕す科学的評価査定となります

















悪玉菌が多いとスカトインド流加水素ガスを大量に発生させ粘膜を傷付けたり免疫力を低下させる為原因になります。  詳しくは腸内で発生するガスで検索ください 

ドッグフ免疫強化療養食様に栄養学人体構造学見解を成す科学的根拠を示す食事は臭い減少兆しが数日常食で表れ人体構造仕組腸内環境を逸早く改善します。
臭い減少ステップ健康への第1段階は善玉菌2悪玉菌1適正割合に近い事を示します。

腸内環境が整うと腸で効率よく水素が生産される為肉等分解時発生する嫌な臭いが緩和され薄くなるのです。
このため食事で健康効果を科学的医学的に分析し証明確認するには臭い減少ステップ第1段階が重要
視されます。 設計通りの栄養がバランス良く摂れると臭いは減少します。 .臭い場合、腸の環境は整っていません



栄養バランス食.クレ世界標準矛盾
紹介される栄養バランス食を常食しても臭いが薄く第1段階なる事は無いと答える人が多いです。
健康証となる第1段階から第2段階に移ると血圧血糖値が適正値に近づき安定します。 
また科学的見解を成した健康食療法食療養食を常食していると免疫治癒が元来力を発揮し精神的ストレスをも和らげ自律神経緩和働きが良くなり癌が抑制できると学会で発表ています。

これは腸を健康にすると、ストレスに対し効果を示す脳内物質セロトニン脳腸相関が誕生し易いからです。
腸には独自の神経系が在り脳より多い脳にとって
環境を整えて置く事が如何に大切かが判ります。
医食を常食していると元気を感じます。 朝食用に数日食すだけで便やオナラの臭いが減少します

何だそんな事かと思われるでしょうが数日常食で臭いが減少する兆しは世界的には凄い事なんです。
dfは日本病院食とて真似できないと免疫強化療養食製法技術効力を自負しています。
自律神経は生命維持機能を調整する役割を担っており24時間休む事無く働く為最も早く老化します。




脳と臓器に必要な栄養が1つでも欠けると栄養欠乏脳は
それを補おうと神経をフル活動させ生命維持を図ります。

飢餓栄養失調で苦しむ子供容姿が老人様になってし
まうのは神経をすり減らす証拠です。老化が深刻に深まる
これは病が多いと同年代より老けている事からも解ります。


  脳と臓器は神経伝達物質で結ばれ、栄養素1つ足りないだけで、ストレス自律神経失調の症状を発症します
  .自律神経の機能低下が長く続くと齢より老けて見えます。医食を常食していると肌が潤い若々しくなります



           この内容の食事だと栄養は偏ります




       栄養バランス食と呼ぶには相応しくない名称です
          .体の構造上この量を一度に食すと間違いなく栄養は偏ります。


栄養士の皆さんが謳う
栄養バランス食に健康効果が無いと言っている訳ではありません。
世界標準の栄養学人体構造学の見解を成したレシピ科学的見解でなければ健康効果は極めて薄いと言っているのです。
栄養士の資格はあっても、科学的に考案した食事でなければ、人様に推奨できる栄養バランス食とは言えません

プロパガンダ的に雑誌やテレビで宣伝されては、教わった栄養バランス食レシピ通り作って食べると栄養は偏らず、バランス良く

摂れると人は信じて洗脳しまう悪影響のです。   非科学的な食事だと治る病気も治りません。責任の所在は何処

病院食に限っては人体構造学採り入れた療養食を創らないと、いつか問題になると考える人もいる様ですが、まだ自身のレシピが
悪事を働いているとは理解していない
健康医療度外視で営利を優先する企業や病院が多い様に窺えます。
話しを伺っても今日までの面子や
面目を保持しようと言訳ばかりで世界的な遅れを恥しく思います。


遂に消費者庁.栄養バランス食.疑惑
腸内環境バランスが崩れ悪玉菌が増えると便オナラ臭いが気になるレベルになり肥満にも拍車が掛ります。 
糖尿病予備軍になると、臭いや体重が増す為、栄養障害を疑う、判断材料になります

栄養バランス食を常食しても幾ら経っても第1段階臭い減少が表れないのは何故でしょう。
それは常食テスト治験を行った栄養バランス食では無く信憑性に欠ける品レシピだからです。
治験すれば兆候臭い減少=腸内環境が改善しないが表れず栄養学だけでは健康効果は無いと悟ったハズです。
日本で紹介される栄養バランス食レシピは栄養バランスに基いた
効果は得られない料理食事です。


                                            健康食品わるもがって
います 

日本では医薬は化学物質で創る為臨床試験が義務付けられています。 しかし天然素材食材で作る栄養バランス食レシピ治験義務が無く、効果が無いと判って宣伝したり販売しても責任を問われる事はありません。
消費者も一向に効果臭い減少兆候が無い事を不思議に思い消費者庁へのクレムが増えているのです。 
腸内環境が整うと臭いが減少する事は、ネット環境で育った現代人は解っています


強力な医薬は腸が安全に吸収できる量を計算し、錠剤やカプセルに収め微量て創るため即効性が在り、効果的に効きます。
食事でバランス良く栄養を摂るには食材に含まれる成分だけでなく人体能力
吸収の範囲も計算する必要があり、世界知識
を知らされない消費者はメディアを信じ、健康効果に優れていると洗脳され、食で治る習慣病まで放置する事になっています。  
化学的見解を基に開発したレシピ医食の製法技術は短期間の常食で明かな兆候効果を顕します。


業界プロパガンダ的宣伝に注意  私は思います。
管理栄養士また営利を得るメは義務無くもせめて第1段階をクリアするレシピ食品を公表販売して貰いたいものです。 アメリカでは効果が薄いと訴えます。 欧米では犬の餌でさえ、厳しい審査治験」が行われます

                      各業界への信頼度

長年問題視される食品添加物でも海外では発がん性が在るとして使用を止めた種類が多いにも係らず日本は驚くほど寛大で基準が緩い世界的に危険性が確立するまで使用を許します。
なので日本は欧米に比べ未だ何倍~何十倍もの疑惑製品食品が販売されています。


消費者庁指導する.機能性表示食品
機能性表示食品制度とは国定めるルルに基づき事業者が食品安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を販売前に消費者庁長官に届け出れば機能性を表示する事が出来る制度です。 
特定保健用食品トクホと異なり国が審査を行わないので事業者は自らの責任において科学的根拠を基に適正な表示を行う必要があります。 指導しています。


栄養バランス吸収効率はどちらが優秀







日本える健康栄養学のみで告知


アメリカ人は体が大きい割に朝食は少なく、模範的な栄養が手軽に摂れる
シリアル系が多いです。
しかし吸収バランス効率は優秀科学的見解で、殆どの栄養とエネルギーを摂る事ができます。




                     病院食として推奨される世界免疫強化療養食

                栄養学人体構造学に基づき栄養バランス食を創ると固形的な食事になります


消費者庁謳う科学的根拠を顕すと栄養学人体構造学に基づいた見解になります。
科学的根拠を示す場合、消費者庁は栄養学人体構造学双方の見解を成す必要性がある旨を理解しています

根拠を曖昧にしか示せない栄養バランス食機能性表示食品が余に多く市場に出回り大義名分上逃げ消費者庁はトクホ制度を新たに設けたのではないでしょうか。 省庁に真意を追求しても能書を述べるだけで認める事は決してありません


による予防安全問う
欧米ペット先進国ドイツはペットに対する思い遣り健康意識が非常に強く添加物遺伝子組換食材を一切使用しないドックフ療法食を販売しています。 欧米では犬の餌でも治験して効力と安全性を確認しています

            ▼.様々な犬種での治験は元より、餌製品を研究者が実際に食べ、安全性を担保しています。


能書ばかりで政府能力を信頼できないと多くの国民が思う
隠蔽体質日本は分野にまで影を忍ばせています。
根拠が曖昧で世界標準と異なる日本在り方は命に係わる事治療に大きなズレがあり社会闇になっています。




栄養学のみで人体構造学は無視おまけに治験すらしない日本在り方では糖尿病など合併症に用いる
病院食栄養管理食存在も疑わしいものです。 合併症は治療が難しく設計通りの栄養が確実に摂れ、免疫が向上しなければ改善しません


ゼラチン食品常食すると腰痛改善する
腰痛関節痛を治したい人は毎朝ゼラチン食品を常食すると痛みが緩和され改善します。
免疫強化療養食
はこの様な食による成果を集結する事で科学的に効果を極めています。
ゼラチン食品を常食すると腰痛や関節痛に限らず、肌や髪が潤う科学的効果もあります


dfは食による生活習慣病撲滅を掲げ免疫強化療養食を30年に亘り独自研究しています。 
〔生活習慣病撲滅に向け開発した免疫強化療養食は、医療効果が期待できる事から、医食としています〕



天然素材効果兆候製法調合難しい
医薬は科学物質単体成分を調合して創れる為ある意味調合調整は容易です。 しかしドックフ療法食.療養食様に畜産物天然素材食材で創る場合つの食材に幾種もの成分が混ざり合っている為調合調整は非常に難しく食材を変えると栄養成分と量が変わる再度治験し効果を確認する必要があります。

                                  天然素材食材
        化学物質         











天然素材食材の場合、簡単な分析で結果が判る術は無く、一寸の変更が数か月の治験に及ぶ事があります。
食品の用途発明の特許化において特許庁は認可が余に遅く権利上2014年食材.製法のみ実用新案登録しています。

家庭の健康常備食災害時にも活躍として君臨する医食の製法技術食品の用途発明は医療に用いる医薬品と
同じく、成分調整食材に含まれる成分量を微調整が可能であり、腸内環境免疫向上を逸早く整えます。


効力強化人体実験長期常食試験
少量医食玄米生地一切れ茶碗一杯約190㌘に収める栄養成分臓器が1日に最低限必要とする43種栄養成分243㌍は全て吸収され腸から肝臓へ送り貯蔵する足りない時に血中へ企てをしています。 
また食材調合は納豆菌酪酸菌が活躍できる環境場を設けています。 
医食双方摂れる様に図っていますが.強化したい場合、総菜
に納豆また酪酸菌が含まれる臭豆腐や糠漬けをお薦めします

酪酸菌
は老化細胞炎症を抑え老化抑制働きが在る事が判っています。 また納豆菌不思議と思う力を借りた事で腸内環境は短期間で整います



酪酸菌納豆菌力で健康寿命が延びる 


納豆菌
納豆菌は不思議な力を具えています。 
研究では善玉.悪玉.日割見の割合を逸早くベストな環境に整えました。

詳しくは.脳と臓器に有益な医食存在.クリック 



まだ研究過程ですがこれらの有益菌は人体を若々しく保つ再生.修復機能を向上させている様に窺えます。
これら企てやバイオ力を拝借した事で医食を常食すると多くの場面で元気を感じ自己免疫元来健康状態に修復された事を身を持って感じます。

栄養学人体構造学を成した療養食バイオ力を加える事で、明らかに治験デーの分析上免疫強化が図られています。


非営利広報活動
医食調理法レシピは20年以上変わらず現在もデ
収集を重ねています。
医食常食される皆様から📧メールで寄せられる御意見は効力を極める上で大きく役立っています


  販売依頼










dfは1980年代から社会に役立つアイデアや、委託された
事象をシステム化したり事業として成り立つ案件は企業人にビジネスモデルとして提案提供しています。
80年後半に頼まれた難題米離れを食止る策玄米を各ご家庭健康常備食する企てシステム上一環調査.研究から世界と違う栄養バランス食矛盾に気付き世界が謳う標準を社会に報せています。
詳しく調べると日本では食習慣が原因生活習慣病栄養障害を本気で撲滅しようと考えた医療食は無くdfは医薬.創薬如く効力を発揮できる製法食品用途発明を開発し社会的に役立てたいと考えています。 




            

ネット力は大きく中でもGoogleで広告掲載している.免疫力がUPするダイエット食.クリック.アクセスは厖大です。

広報活動によりHP閲覧から医食を常食する人は年々増え主に女性2020年末日現在累計アクセスは11万件を超え医食クッキング教室.クリック.アナリスト分析によると常食者は6万人を超えた事が判りました。
現在では.試食.常食感想.ご要望
.📧 クリックには毎日沢山声を頂戴します。
また販売要請ルも沢山届きますが今少し需要が増えましたら療養食研究を受継ぎ販売してくれる企業を選任したいと考えています。 

                                                                                          

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト