トップページ


            .    現代医食
   栄養素療養食


医食調理法を掲載した美容情報誌は美容室店内閲覧誌として利用頂いており
ましたが
2014年に.HPで調理法を公表した段階で配布.増刷を終了しています。
現在医食調理法は当ホムペ.現代医食.クッキング教室.をクリックして閲覧できます。
                

 df食品開発医食自宅で調理できます。
.
臓器必要43種栄養素1食一切.摂る
 現代医食考案名称.栄養機能性即席食品 実用新案登録 .3194059号
 栄養機能食.研究..医食.考案者.高知県高知市通町1950年生まれ.安東.




現代は健康志向で日常食事も栄養バランスに気を配る人が増えています。
専門職栄養士も増えメディアも健康レシピを紹介しています。 しかし栄養偏りが原因と考えられる糖尿病などの病は一向に減らず
実際には増えています。 また.それら病治療に複数薬を服用している場合自己治癒力免疫力が衰退し抗生剤が効かないコロナウイルス等感染症に罹ると重篤化するケスが報告されています。
専門家が推奨する栄養食が普及される中何故栄養偏りによる病は減らないのでしょうか。




栄養医学では食事で病気治癒力低下を防ぐには脳と臓器が必要とする栄養を欠かさず摂る事が重要とされています。 しかし一般栄養バランス食1食で全ての栄養が摂れる訳では無く複数料理を戴く必要があります。 また体構造上胃腸機能残念ながら栄養は偏る結果になります。半日空腹と少量で全ての栄養を摂る事が必要



医食
は1食1カットで脳と臓器が1日に要する栄養を漏れなく摂れる様に設計実用新案しています。
不足栄養素を補うため添加物化学物質を用いて創るサプリメント医薬品に頼らなくも食事だけで成果が得られるアイデアは世界初であり海外からも広く注目されました。 夕飯から半日空けた朝常食が最も吸収率が高く効果的

dfは世界中で栄養機能性即席食品アイデアを利用頂きたいと海外からの問い合わせには全てopenパテントとして伝えています。
今日では様々な国で活用されている様で社会的に貢献している食品にはWFPが飢餓子供達に寄与している栄養素治療食があります。



日本家庭にお勧めしている医食食材は地元スネット店で手軽に買求めできる品を選び安価1食分が40円程に調理できる様に図っています。
今後国内で発売される医食は更に効力を備え栄養素治療食に負けない療養食になる事を期待しています。  医食医療理論 クリック 



自己治癒力免疫力衰退原因は・・
サプリを長年服用すると自己治癒力免疫力が衰退低下する事が明白になっています。
これら化学物質は身体に悪い事は皆さん知っていても何故かを答えられる人は少ないです。
人間体内で生息する腸内菌は食事から摂り入れた栄養を食べて共存しています。 しかし化学物質から創る添加物や薬またサプリ場合その成分を無効化する菌や有毒化する菌が存在します。
肝臓はグルクロン酸抱合を通し
無毒化させて代謝しますが腸内菌酵素はグルクロン酸抱合を除去し化学物質を有毒化してしまう事が明らかになっています

これらは一般的医学的には薬副作用と言われており自己治癒力.免疫力を衰退させます
日本で一度寝込むと中々起き上がれない寝老人が増えるのは薬後遺症で治癒力.免疫力衰退が原因と考えられます。

腸内細菌がパキンソン病や抗不安薬などの医薬品を変容させる問題を世界中医療研究者が示唆しています。
df天然素材栄養素療養食医食に拘り現代病を根絶しようと考えるのはこれらの医学的根拠
からです。


自己治癒力免疫力
UPして病に勝つ

健康と密接な関係自己治癒力生まれると同時に誰もが備えています。
治癒力と密接に関るのが免疫力自律神経内分泌ホルモン系です。 また免疫力を高める方法として 機能食完全食食事適度運動心地よい睡眠が挙げられています。
実際自己治癒力免疫は睡眠中に最も活躍しています。 改善で治癒力は大きくUPします



人はケガをすると皮膚表面にカサブタができて状態に戻そうとします。
治癒力.生命力そのもので体がどの状態だと万全か脳が
司り自らが修復する機能です。
自己治癒力が万全になるとガンも自然消滅する事が有り世界中で消滅.例が報告されています。


ガン自然退縮
医学界ではこのような自然消滅ガン自然退縮と呼んでいます。
自然退縮を企てる策を設ければガンも免疫力自己治癒力をUPさせる事で予防したり治せる可能性が有るのです。
革新的な策は掴めませんが免疫力活性化.カギ握ることは明かで栄養状態血流を良くし新陳代謝と免疫性を高める事で治癒力は画期的に向上し活性化した免疫細胞はガン細胞へ強固な攻撃を仕掛けます。 遺伝子防御スイッチをONにする企てを図る


コロンビア大学ではガンが消えた200人を追跡調査したところガン発覚後87%人が手術抗癌剤に頼らない栄養素療養に専念し糖質を抑えた菜食主義的な食事に替えた事が分かっています。
野菜には抗酸化物質血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれ血液循環が良くなり新陳代謝免疫力が飛躍的にUPして自己治癒力が大きく養われたものと考えられています。
  









余談ですが解熱剤には要注意
体温が1度上がると免疫力は5倍になります。

風邪等ありふれた病で生じる体温高熱
解熱剤使用は断固止めるべきです。
ウイルスは熱に弱いので脳が体温を上げる様主要臓器に指示を出しているのです。
この自然法則命に関る摂理に反する解熱剤
使用は危険治癒力ダウンが生じます。
体は体温を1度上げると免疫力が5倍以上にUPするよう設計されています。 
お医者さん当人は解熱剤で大幅に治癒力が低下する事を学んでいるので飲みません。
恐ろしいガン細胞でも長時間体温が40度を超えると死滅します。

人間正常な細胞は43度までは耐えられるので体温療法が実戦的とも言われています。
長期に亘り40度を超える肺炎患者に仮にガンが在っても死滅する事が多いのです。
本来解熱剤は40度以上熱が幾日も続き有用な組織細胞が壊れる恐れが有る時だけ
使用する薬なのです。

人は平熱で37度前後ありましたが現代人は35度台人が多く食事療法や運動で
体温を上げる工夫が必要かも知れません。

35度台体温ではガン細胞は活発に活動します。
近年ガンになる割合が増えているのは低体温が要因だとも言われています。
病気でも病に陥ってからでは遅いです。
恐ろしい病に陥らないためにも免疫力治癒力を養う医食を作り常食する事を薦めます。
病に陥り易い人原因は栄養偏り栄養失調が殆どです。 .df.の広報活動は社会奉仕です.
現代人は肥満体で栄養偏りが原因栄養障害者治癒力.免疫力が大勢います。

100歳まで元気な.お年寄りに薬を服用している人は存在しません。

人生100年時代と言われますが床に臥せず迎えるには自己治癒力向上が必須です。

病に勝つ体づくりの基本は食で摂る栄養で有り消化吸収機能胃腸働きと吸収した栄養を全身に届ける血液循環また細胞組織代謝を高める企てです。
臓器に十分な栄養が行き渡ることで修復機能再生能力が回復し自立神経ホルモンが正常に働き防衛システムが成立つのです。
医食を常食し自己治癒力が本来力を蓄えると肌髪が潤うだけで無く活力が漲ってきます。




医食.人生観が変わる

自己治癒力を向上させる防衛システム医食常食は活力が漲り容姿髪.スタイルにも大きな特典を生出します。 常食された多くの女性が調理が面倒と販売要請してきます
50歳から70歳まで常食を続ける私は脳と臓器にストレスを与えないせいか今も50歳前後にしか見られません



同じ遺伝子を持つ年子兄弟4人と見比べると
私だけが若く見え3人はシワが多く白髪で髪も薄く年寄に見えます。 栄養状態が長年に亘り万遍に行き亙ると男女とも同年代より格段に若く見られます。





安全安心か長期亘る常食臨床試験
   1日一切れで過ごす断食テスト 

ダイエットに最良食事かも
医食は一般参加者を募った団体常食試験後も20年に亘り独自に考案者個人テストを重ねています。 栄養が万遍な上での減量法
また皆様
が行う減量時安心安全を確かめる為1日一切れだけの食事で過ごす断食試験を高齢者になってからも2回行っています。
試験開始前身長は175㎝体重は78.5kg終了時体重は69㎏で10㎏近く痩せ


ましたが体調は良く気になっていたメタボが改善する喜びがありました。
2回目は半年後に行い実施時72㎏終了時63.5㎏でした。
何れも大きく痩せはしましたが健康そのもので
その後は健康と臨床試験夕食から12時間以上空け朝食にカレのルをかけた医食を今も一切れだけ食べ続けています。
ちなみに体重は6567㎏と一定しています。
72㎏を超えた時は再び3度目に挑んで見様と思っています。
医食常食は健康だけで無く美容と減量安心安全にも極めて優秀です。 
 ≪ 美容.&.健康 医食ダイエット クリック 



医食兆候で効果が判る
医食
は薬ではありませんが短期常食でも腸内環境が改善し便オナラ臭いが薄くなる兆候が表れます。 また常食を続けると体から発する体臭まで薄くなります。
療法効果が有る料理を盛付け常食すると個人治療血圧血糖値を下げる抜毛を抑える等を目的とした療法食にもなります。 


      い。


便
オナラ臭いが薄くなる兆候は腸内環境が改善され善玉菌.2悪玉菌.1バランスが整った状態を表します。
臭い時は腸内環境バランスが崩れており大腸で分解時悪玉菌分解必要以上に腐敗が進みスカトインドル等硫化水素ガスが大量に発生しており粘膜を傷付けたり免疫力を低下させる恐れもあります。
医食を食すと腸で効率良く水素が生産される臭いが薄くなり健康か如何かの目安になるのです
悪玉菌は悪名称ですが大事な役目も担っており肉などタンパク質を分解し消化.吸収を助けています。
悪玉と言われる菌もこの割合で生息してこそ善玉菌が正常に働き健康が保たれるのです。


                                                                                           

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト