トップページ

 
 スマホでの閲覧は横向きが見やすいかも知れません。
 表示される文字が飛び跳ねている場合ヤフから現代医食で検索ください。



            .    現代医食
  








医食
調理法を掲載した美容
情報誌は美容室.院店内閲覧誌として利用頂いて
おりましたが
2014年にdf食品開発.HPで調理法を公表した段階で配布を終了しています。
現在医食調理法は当ホムペ.1食40円弱医食レシピ.クリックして閲覧できます。



..              .医食とは・・
 
医食は3度食事中1食朝食で脳と臓器が1日に要する栄養が確実に摂れる様科学的根拠に基き研究した食事です。

朝食スト同様習慣的に常食すると栄養状態が良くなり自己治癒力免疫力を極め栄養偏りによる糖尿病等生活習慣病を
予防します。 
.臨床試験長期常食結果成果をHPで公表しています。




科学的に食事で医薬に値する成果を挙げるには食材に含まれる必須成分を錠剤如く小さく納め一挙に摂取吸収させる企てをしなければ人間肝臓働き機能ではその多くの栄養を摂り逃がす結果になります
これは管理栄養士が考案したレシピ栄養バランス食を毎日様に食べていましたと答える人が糖尿病など栄養
偏りが原因病に陥るのは体構造上仕方ない科学的根拠.裏付事だと言えます。

 管理栄養食食事は検証長期臨床試験して健康効果を確かめたものではありません
 
医食は朝食用に考案しているため錠剤ほど小さくは創りませんが玄米生地一切れ茶碗一杯程少量約190gに必須成分を収め一挙に吸収させ肝臓へ送り貯蔵させる必要時血液中に送る企てをしています。 
天然素材食材から1日に要する殆どの栄養が、一度に摂れる食事食品製法技術実用新案登録3194059号は世界初に輝きました。

間違いをらなければ医食栄養バランス食
意味
無い.食事になります。
医食常食臨床試験からは一食量を少なくする事と食し方半日空ける
を制御しなければ.健康効果療養効果は減少する結果が出ています。
つまり専門家が考えたレシピであっても食事仕方分量に誤りがあると
栄養は思惑通りには摂取出来ないのです。 医食常食は一切れ分推奨

                                                                                                     真実らせ必要
 治験からは
これらを踏まえ食さないと医食と言えど効果は期待薄になります。
  期待を込め常食されます場合夕飯から12時間は空け朝食時1カット惣菜付きだけを召し上がる食事
  法を試してください。
  この食事法で常食すると短期間1週間程で便オナラ臭いが薄くなる兆候が表れ腸内環境が整う過程
  「善玉菌が増え免疫機能が向上を殆どの人が体感します。
  健康な人便オナラは然程臭いませんが体調不良糖尿病人は異様に臭い為当人は常食効果をあから
  さまに感じる様です。 昼.夕食事は普段通りで試験は行っています


                
 
……df 社会役立システム構築

    自宅作れる医食

.   
臓器に必要な43種栄養を朝食で摂る
     考案名称.栄養機能性即席食品 実用新案登録.3194059号
     免疫強化療養食医食  研究開発.高知県1950年生.安東.

          朝食推奨
 




  一般的栄養バランス食


現代は健康志向で日常食事も栄養バランスに気を配る人が増えています。
専門職栄養士も増えメディアも健康レシピを紹介しています。 しかし偏った栄養過多運動不足が主だった原因とされるメタボ2型糖尿病などは一向に減らず
増えています。 また.それら病治療に複数薬を服用している場合自己治癒力免疫力が衰退し抗生剤が効かないコロナウイルス等感染症に罹ると重篤化するケスが報告されています。
専門家が勧めるバランス食が普及される中何故栄養偏りが原因病は減らないのでしょうか。













肝臓役割

食物は胃腸で吸収され易い形に変えられた後
肝臓に送られ成分ごとに貯蔵され必要に応じ
て動脈を通って脳各種臓器に送られます。 
この一連から肝臓役割を考え成分を調合した
食事でなければ療養食と謳う事は出来ません。





栄養医学では食事で病
免疫力低下を防ぐには脳と臓器に必要な栄養を欠かさず摂る事が重要とされています。 しかし一般栄養バランス食13食で全ての栄養が摂れる訳では無く様々な種類料理を召上る必要があります。 また体構造上胃腸機能残念ながら栄養は偏る結果になります。 半日空腹時間厳守と少量食事で殆ど栄養が摂れる仕組みが必要




医食
は朝食写真1カットで脳と臓器が1日に必要とする栄養が摂れる様に設計実用新案しています。
不足栄養素を補うため添加物化学物質を用いて創るサプリメント医薬品に頼らなくも食事だけで成果が得られるアイデアは世界初であり海外からも広く注目されました。 

夕飯から半日12時間空けた朝常食が最も吸収率が高く効果的です。 
栄養素を賄う食事であり消費エネルギカロリを補う食事ではありません。


dfは世界中で免疫強化療養食アイデアを利用頂きたいと海外から日本除く問い合わせは
全てopenパテントとして伝えています。

今日では様々な国で応用普及され世界で貢献している食品には飢餓子供に寄与している栄養素治療食流動食があります。 製法は同じですが食べ易くするため流動食化されています



日本家庭に勧めている医食食材は街中ネット店で買求めできる品から選び安価1食分40円弱に調理.常食できる様に図っています。
今後国内で発売される医食は今以上に優れ栄養素治療食同等免疫強化療養食になる旨を期待しています。   現代医食医療理論 クリック 


自己治癒力免疫力衰退原因は・・
サプリを複数服用すると自己治癒力免疫力が衰退低下する事が明かになっています。
化学的に創り出す添加物等物質は身体に悪い事は皆さん知っていても何故かを答えられる人は少ないです。

人間体内で生息する腸内細菌は食事から摂り入れた栄養を食べて共存しています。 しかし化学物質から創る添加物薬またサプリ場合その物質を敵とみて無効化したり摂取しない様に毒化して脳に伝える菌が存在します。
肝臓はグルクロン酸抱合を通し
無毒化させて代謝します。 しかし一部酵素はグルクロン酸抱合を除去し化学物質を有毒化してしまうのです。 この毒化を医学界では薬の副作用と呼び、自己治癒力.免疫力を大きく衰退させます


日本で一端寝込むと中々起き上がれない寝老人が増えているのは副作用後遺症治癒力.免疫力衰退し気力活力が失われる事が原因と考えられます。

腸内細菌がパキンソン病や抗不安薬などの医薬品を変容させる問題を世界中医療研究者が示唆しています。

df天然素材免疫強化療養食医食に拘り現代病を根絶しようと考えるのは科学的根拠に基きま
す。
近年新型ウイルス蔓延で免疫力重要性が理解され医食推薦者女性からの.口コミが急増しています。


自己治癒力免疫力を正常化
して病に勝つ

健康と密接な関係自己治癒力生まれると同時に誰もが備えています。
治癒力と密接に関るのが免疫力自律神経内分泌ホルモン系です。 また免疫力を正常に育む対策として 機能食完全食常食適度運動心地よい睡眠が挙げられています。

実際自己治癒力免疫は睡眠中に最も活躍しています。栄養摂取方次第で免疫力は正常化します












人はケガをすると皮膚表面にカサブタができて状態に戻そうとします。
治癒力.生命力そのもので体がどの状態だと万全か脳が
司り自らが修復する機能です。
自己免疫力が万全になるとガンも自然消滅する事が有り世界中で消滅.例が報告されています。


ガン自然退縮
医学界ではこのような自然消滅ガン自然退縮と呼んでいます。
自然退縮を企てる策を設ければ怖い癌も自己免疫力治癒力活力をUP正常化する事で予防したり治せる可能性が有る訳です。
革新的な策は掴めませんが免疫力活性化.
カギ握ることは明かで栄養状態血流を良くし新陳代謝と免疫性を向上させる事で治癒力は画期的に活力活気を取戻し活性化した免疫細胞ガン細胞へ強固な攻撃を仕掛けます。 遺伝子防御スイッチをONにする企てを図る


         ガン一例  喉頭がん 

コロンビア大学ではガンが消えた200人を追跡調査したところガン発覚後87%人が手術抗癌剤に頼らない栄養素療養に専念し糖質を抑えた菜食主義的な食事に替えた事が分かっています。
野菜には抗酸化物質血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれ血液循環が良くなり新陳代謝免疫力が飛躍的に向上し自己治癒力が大きく養われたものと考えられています。

  
 解熱剤使用は考えて 






余談ですが解熱剤使用
要注意
体温が1度上がると免疫力は普段5倍以上にUPします。

風邪等ありふれた病で生じる体温UP
解熱剤使用は断固止めるべきです。
ウイルスは熱に弱いので脳が体温を上げる様主要臓器に指令を出しているのです。
この生命法則命に関る摂理に反する解熱剤
使用は危険免疫downが生じます。
人体は体温を1度上げると免疫力が5倍以上UPする様設計プログラムされています。 
お医者さんは解熱剤で急激に免疫力が低下する事を学んでいるので呑みません。
恐ろしいガン細胞でも長期に亘り体温が40度を超えていると死滅します。

人間正常な細胞は43度近くは耐えられるので療法が実戦的とも言われています。
長期に亘り40度を超える肺炎患者にガンが在っても死滅する事が多いのです。
本来解熱剤は40度以上熱が幾日も続き有用な組織細胞が壊れる恐れが有る
時だけ
使用する薬なのです。 自身の子供に少々の熱で解熱材を飲ませるか医師に聞いてみてください。

人は平熱でも36度を超える人が多かったですが現代人は35度台が多く
食事療法や運動で体温を上げる工夫が必要かも知れません。

35度台体温はガン細胞は活発に活動します。
近年ガンになる人が増えたのは体温が低くなった事が要因とも言われています。
病気でも病に陥ってからでは遅いです。

恐ろしい病に陥らないためにも免疫力治癒力を養う医食を作り常食する事を薦めます。
病に陥り易い人原因は栄養偏り栄養失調が殆どです。.df.の広報活動は社会奉仕です.
現代人は肥満で栄養偏りが原因栄養障害者治癒力.免疫力dounが相当数います。

100歳まで元気な.お年寄りにサプリを服用している人は存在しません。

人生100年時代と言われますが床に臥せず迎えるには自己治癒力.免疫力正常化が必須です。

病に勝つ体づくりの基本は食で摂る栄養で有り消化吸収機能胃腸働きと吸収した栄養を全身に届ける血液循環
また細胞組織代謝を高める企てです。
臓器に十分な栄養が行き渡ることで修復機能再生能力が回復し自立神経ホルモンが正常に働き防衛システムが成立つのです。
医食を常食し自己治癒力が本来力を取戻すと肌髪が潤うだけで無く活力が漲ってきます。




医食.人生観が変わる

自己生命力を正常化させる防衛システム医食常食は活力が漲り容姿髪.スタイルにも大きな特典を生出します。
50歳から70過ぎまで常食を続ける私は脳と臓器にストレスを与えないせいか今も50歳前後にしか見られません


 同年代なのに
  どうして皆
   若々しいの~。

 
  ≪ 糖質「甘味」危険な中毒性 クリック 
















同じ遺伝子情報を持つ年子兄弟4人と比べると
私だけが若々しく3人はシワが多く白髪で髪も薄く覇気も無く年寄に見えます。
これは男性に限らず女性も同様の美容活力が漲る効果が表れ推薦口コミで広がっているものと考えています。 
栄養が脳臓器にストレス無く長期に亘り行き届くと同年代より格段に若く見られます



 好き嫌いの激しい子供に



 






安心.安全か1ヵ月医食臨床試験
1日一切れの医食で健康は保てるかのテスト 

ダイエットに最良食事かも
医食は一般を募った団体常食試験後も20年に亘り独自に研究開発者個人テストを
重ねています。 栄養状態が万遍かのテスト
また皆様
が実戦する減量安心安全を確かめる上で1日一切れの食事で過ごす試験を高齢者になってからも2度行っています。
試験開始前身長は175㎝体重は78.5kg終了時体重は69㎏で10㎏近く急激

に痩せはしましたが体調は良く気になっていたメタボが改善する喜びがありました。
2度目は半年後に行い実施時72㎏終了時63.5㎏でした。
何れも大きく痩せましたが健康そのもので
その後は健康夕食から12時間以上空け朝食にカレのルをなびった医食免疫強化療養食を今も一切れ食べ続けています。
ちなみに体重は6567㎏と安定しています。
72㎏を超えた時は再び3度目に挑んで見様と思っています。
医食常食は健康だけで無く美容と減量安心.安全にも極めて優秀です。


断食テストは.免疫強化療養食成果.功績を確かめる上で理論的に表明した実験臨床試験です。


  ≪ 免疫力がUPするダイエット食 クリック 



自身体感兆候で効果が判る
医食
は薬ではありませんが短期常食でも腸内環境が改善し便オナラ臭いが薄くなる兆候が表れます。 また常食を続けると体から発する体臭まで薄くなります。
療法効果がある料理を盛付け常食すると個人治療血圧血糖値を下げる抜毛を抑える等を目的とした療法食にもなります。 



















便
オナラ臭いが薄くなる兆候は腸内環境が改善され善玉菌.2悪玉菌.1バランスが整った状態を示します。
臭い時は腸内環境バランスが崩れており大腸で分解時
悪玉菌分解必要以上に腐敗が進みスカトインドル等硫化水素ガスが大量に発生しており粘膜を傷付けたり免疫力を低下させる恐れもあります。
医食を食すと腸で効率良く水素が生産される臭いが薄くなり体調がベストか如何かの目安になるのです
悪玉菌は悪名称ですが大事な役目も担っており肉などタンパク質を分解し消化.吸収を助けています。
悪玉と言われる菌もこの割合で生息してこそ善玉菌が正常に働き免疫力強化
健康が保てるのです。


  df理念 現代医食広報活動は営利目的では無く奉仕活動です
医者に頼らず健康に過ごすにはストレスが及ばない環境創りと習慣そして自身努力が必要です。
健康へのダメジは喫煙や睡眠不足精神的な事より脳と臓器が栄養不良で陥る失調性老化ストレスがより
問題です。
臓器はネットワクで結ばれ鉄分ミネラル一つ足りないと脳が失神し貧血大きさを知らせます。
社会問題糖尿病もいまだに食べ過ぎが原因だと思っている人が多いです。 しかし実際は栄養偏りが原因です。
脳は栄養偏りを知らせるため高血糖を惹き起こし症状糖尿病を知らせるのです。 
 現代人は肥満栄養失調者が多い

原因を調べる学ぶ免疫強化療養食常食が現代人に如何に必要かが解ります。
動物は若く逞しく生きる遺伝子は具えていても老化する遺伝子は具えてはいないのです。
 老化は日々ストレス蓄積が原因病です

臓器がストレスを及ばない食生活は若い人達4倍を超える高齢者医療費を大胆に削減する事ができます。
dfは食習慣病で通院する環境を改善し43兆円/年を超える医療費削減に少なからず貢献出来ると考えています。
dfが奉仕主体で広報活動を続けるのには意味があります。 運営は支援者寄付募金で賄っています

営利目的営業は如何しても科学的根拠無い品でも世間を洗脳CM」し利益を上げようとするからです。
dfが広報活動で真実を伝えれば伝えるほど邪魔する結果になり利益を損なう施設企業が出てしまいます。
HPで謳う情報多くは他webサイトでも紹介されています。 当HPでは極一部を紹介しています

昔は書店図書館で多くの時間を使って調べた情報収集ものですが今ではネットで簡単に検索できます。
自身家族健康を守る上でも最低限学ぶネット検索事は必要です。

 医食は今なお続く米需要減少問題国民医療費債務問題食品廃棄問題
  交えて
次世代に先駆けたシステムを構築研究開発しています。

                                                                                          

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト