医食とは「小論文」
ホーム > 医食とは「小論文」

医食とは「小論文」

 原因らない研究した

 医食免疫強化療養食
説明

犬は脳臓器が要する栄養が毎日摂れると黴菌ウイルスまた鬱から身を守る防衛力免疫機能.細胞を最大に発揮させる事ができます。 しかし体胃腸は単に食材に含まれる成分を計算しても摂り易い養分から吸収するため食べ方を工夫栄養学人体構造学.併用理論」しなければ意味は無く栄養は偏る結果栄養障害原因になります。
これは病に陥り衰弱した時消化.吸収し易い.お粥工夫にしたり肥満を抑制するため野菜から先に食べる術からも解ります。 医療食の理論


 国際的な
栄養バランス食
.栄養学人体構造学が標準



医食茶碗1杯分量には脳と臓器に必要な
43種栄養が確実に摂れる様に図っています。 
43種の栄養は茶碗1杯でなくも1口でも摂れます

                                                                       
                                           
                                  具材を載せる玄米生地が医食になります。




欧米発祥療法食/ドッグフも同じく栄養計算栄養学基本的事項と体構造動物構造学基本的事項双方見解を成した製法世界標準で創ります。
医療に係る食事なので呼名は療法食療養食また治療食などの名称が多く科学的見解で無い非科学的栄養計算だけの考案レシピなのに健康効果を匂わせ依存させるプロパガンダ.的な名称栄養バランス食訴訟恐れ懸念が在る為欧米では単なる料理としか紹介しません。 食で治ると信じた病が治らない責任が問われる事態になります


ドッグフ
は1日に23度与えた治験常食テストで健康効果医術を図っています。 しかし医食は朝食だけで人が
1日に最低限必要とする栄養が摂れる様に図っています。
常食すると数日で腸環境が整う腸内細菌割合が2:1:7免疫保全に効果が在ります。


医食免疫強化療養食が効力を顕す発揮と便やオナラ臭いが薄くなる兆候が診られます。
防衛能力向上功績としては飼犬は残飯を餌としていたので毛並みが悪く病気に掛り易く平均して78年寿命でした。 しかし療法食ドッグフ誕生販売から犬の病は着実に減り倍近く長生きしています。
医食も同様見解で研究.開発しており防衛能力をフルに活動させる事ができます。


 偽情報洗脳注意
科学的な見解と異なる食事療法栄養バランス食健康食品を教えられてもフェイク報道洗脳的な宣伝鵜呑みせず自身家族健康を守る為国際的な情報世界標準も収集し選択する事が必要です。


新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト