現代医食 ★クッキング教室
ホーム > 現代医食 ★クッキング教室

現代医食 ★クッキング教室

.現代医食.クッキング教室


現代医食栄養素療養食
医食
は天然素材の食材から作り
ます。 
調理方法はパエリアや炊込ご飯と似ていて炊飯器、圧力鍋、土鍋、何れでも作れます。
クッキング教室.圧力鍋.を使った調理法で説明しています。



炊飯器場合説明書に従って炊いてください。

 



調理水
       500cc

玄米      1.5合225g
ビタバァレ    1.0合120g
カレ粉     3.0g
ココア      3.0g
バジル     0.2g
一味       0.2g
粉コショウ   0.2g
すり胡麻    5.0g
ひじき〕  5.0g
椎茸〕   3.0g
いりこ     5.0g
干し海老     6.0g
玉ねぎ皮粉〕 0.4g

にんにく  大さじ1.015g
生姜    大さじ1.015g
黒酢    大さじ1.520cc

上記
食材を調理器に入れてください。




調理ボルに入れる区分食材
炊上った玄米もルに入れますので大きめの容器をご用意ください。

片栗粉
     45g
牛乳      60cc
トマトジュース 80cc
玉子      1個 
.
サイズは関係ありません.
調理水180cc
粉茶      .4g
胡桃パウダ  32g
カロチ   2cc
長芋      30g
納豆      50g


長芋と納豆はフドプロセッサに一緒に入れて粉砕ください。
納豆菌増殖が活発になります。
  

市販納豆は45g入りが多いので45gでも構いません。
カロチ-ノはボ-ルに入れずフライパンの敷油2ccにしても構いません。



 それでは始めます。


 



1
始めに500cc水を入れてください。

 





2
次に
玄米1.5合225gを入れてください。

好みの銘柄で構いません。
玄米は半日以上、水に浸してください



3
ビタバァレ1.0合120g入れます
.胚芽押麦ならビタバレで無くも構いません。


4
カレ 3.0gを入れます。
5 純ココア 3.0gを入れます。
砂糖等が入ってない製品です。



6
バジル 
0.2gを入れます。
7  一味唐辛子 0.2gを入れます。

      
8 粉コショウ 0.2gを入れます。 
9 すり胡麻5.0gを入れます。


      

10.
ひじき5.0gを入れます。 
11 椎茸3.0gを入れます。



      
12.
いりこ 5.0グラムを入れます。 
13.干し海老 6.0gを入れます。

できるだけ純粋な
品を選んでください。 
干し海老が大きい場合は砕いてください





14.
玉ねぎ0.4gを入れます。 

15.おろし
生にんにく大さじ1杯15cc入れます。

 
16.
おろし生しょうが大さじ1杯15cc入れます。 
17.
黒酢大さじ1.5杯20ccを入れます。

ひじき.椎茸.玉ねぎ皮などのパウダはネット店で買求めています。
粉製品を使うのは栄養吸収率を高めるためですが無い時は砕いて使用ください。









A
 調理水を含めて以上17品入れると鍋中は色鮮やかな状態です。
B 炊く前に食材をムラ無くかき混ぜてください。






C
 混ぜたら蓋をして中火で炊きます。

D 圧力釜によって異なりますが写真機種場合真ん中圧力調整重石からチャカチャカと蒸気が出る状態になったら中火から弱火にして更に11分炊いてください。



E
 11分経ったら火を止め1520分蒸らしてください。
.安全弁が開いてから蓋を外してください。



区分食材です。
1520分蒸らしている間に区分食材合計カロチ-ノ.片栗粉.牛乳.トマトジュウス.粉茶.玉子.長芋.納豆.胡麻.調理水10品を揃えボ-ルに入れます。
カロチ-ノはボ-ルに入れずフライパン敷油にしても構いません。





1
クルミ 32gをフドプロセッサで粉砕してボルに入れてください。
パウダ品はそのまま入れてください。 


23 
次にフドプロセッサは洗わず長芋 30gと納豆 45~50gを一緒に入れ粉砕してください。


長芋皮は剝かずヒゲだけ焼いて取除いてください。
市販納豆に付随している辛子タレは入れないでください。
プロセッサを洗う際はネバネバを先に水圧で落とすと楽です。





長芋と納豆は一緒に入れて粉砕してください。
腸に届いた後納豆菌増殖率が違います。
納豆は常温にしてから混ぜてください。
40℃が適温

  


4.
片栗粉 45gを入れてください。
手に持ち食べたい場合片栗粉量を増やす等工夫してください。
 

5.
牛乳 60.ccを入れてください。


       
6.トマトジュウス 80ccを入れてください。 
7.粉茶 
4gを入れてください。

     
8.玉子 1個を入れてください。
9.調理水〕 180ccを入れてください。


              
ボ-ル中は区分食材で色鮮やかです。
.ムラにならない様混ぜてください。


10
.
カロチ-ノ 2ccも一緒に入れて構いませんが
敷油として利用しても構いません。
敷油をすると冷凍後皿から剥がし易くなります。


 
ステップります。

1520分が経過し圧力が下がったら
蓋を外し調理ヘラで解してください。

  

次に区分食材を入れたボルに投入し良く混ぜてください。
混ぜたら中火で熱したフライパンに投入してください。
投入したらある程度平になるまでヘラで成形してください。







次に蓋をして1分焼きます。
蓋をしてから時間を計ってください。

1分経ったら蓋を外し後2分焼きます。
.合計3分.焼いて固める訳ではありません。





3分経ったら火を止めフライパンから玄米生地.スライドさせまな板敷板に移します。

冷めるまでは固まりません。

移したら調理ヘラで希望サイズに丸く伸ばしてください。
冷めて固くなったら8等分にしてください。
これで医食玄米生地完成です。
惣菜を載せず召上る人もいますが一般的には惣菜を載せて戴きます。





写真まな板は100均で見つけて購入し
たものです。
円形だと形に従い伸ばせるので重宝です。
8等分した玄米生地は約190㌘243kcalになります。




一度に8パック分8日分できますので冷凍室が大きい場合惣菜を載せまな板のまま冷凍してください。
入らない時は小皿に分けて冷凍してください。
冷凍後皿から剥がれない時は少し待つかスプ-ンでこじると剥がれます。
まな板や皿に調理油を塗ると剥がし易いです。



 

剥がした後はキッチンパックに入れたり真空包装して保存ください。
電子レンジで温める前に冷蔵室に移して置くと加熱時間が短縮します。




医食に用いる食材は安価で一年を通じ買求め出来含まれる栄養素が腸で吸収し易い食材から選んでいます。 
しかし今後現在食材より圧倒的に健康効果が図れる食材が見つかった場合変更する事が有るかも知れません。
変更した場合食材調理法は当HPを改訂してお知らせ致します。

        

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト