病の原因は栄養の偏り
ホーム > 病の原因は栄養の偏り

病の原因は栄養の偏り

常食容易な.現代医食
私達が生きる上でタンパク質や炭水
化物糖質また脂質は体を作るだ
けで無く活動のためのエネルギ
源になります。



これら炭水化物に限らず身体に必要な栄養素が途切れると正常な新陳代謝が行えず抵抗力自然治癒力が衰え病気に掛り易くなります。 
栄養が欠けた栄養失調症状として身体がだるいいらいらする息苦しい抜毛が多い気分が悪くなり嘔吐する事が有る風邪をひき易い唇が乾き易い疲れ易い食欲が無い筋肉痙攣が起き易い頭がボっとするやる気が出ない口内炎が出来易い湿疹カブレになり易い寝付が悪い足がむくみ易い歯ぐきから出血し易い舌が荒れ易い爪が割れたり変形する化粧のりが悪いなど様々な症状が表れます。 
これらは主にビタミンや植物繊維ミネラル不足で発症します。


     みな栄養不足原因なんだ


げて説明します。
例えばビタミンAが欠乏すると目の角膜や粘膜がダメジを受け視力が落ち悪化すると失明する事も有ります。 
しかし反対に過剰に摂取すると吐き気や頭痛が起きる場合も有ります。

ビタミンCが不足すると老化が早く進む為老け顔になると言われています。





ビタミンEには抗酸化作用が有り極端に欠乏すると腕や足の感覚が無くなったり視力や聴力また免疫力が著しく低下します。

ビタミンB1チアミンは糖質を分解する働きが有りエネルギに変換してくれます。
不足すると糖質が疲労物質化乳酸化してしまい体内に残り体が重くなった感じがします。
脳はアミノ酸が足りなくなると働きが悪くなりとしたりやる気を失ってしまいます。
 




ビタミンB2は新陳代謝の促進や脂肪燃焼の効果が有り肌や髪をつくる為の発育に大きく関ります。
足りないと髪がパサつく症状が現れます。 また便秘症になったり太り易い体質になります。

ビタミンB6は脳の神経伝達物質であるセロトニンパミンアドレナリンノルアドレナリンGABA 抑制性神経伝達物質で気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用の生合成において重要なビタミンです。
不足すると鬱に陥ったりパニック障害を招く恐れがあります。
これらの原因は間違い無く脳の栄養不足です。






植物繊維は腸の蠕動運動を促し便を柔らかく排便し易くしてくれ悪玉菌を減らし腸内の有害物質を減らしてくれる働きが有ります。
不足が続くと肌が荒れ血液が汚れ全身に有害物質が広がって糖尿病や大腸ガン動脈硬化を招く原因になります。





ミネラルが不足しても様々な病を発症します。
例えば亜鉛が不足すると抜毛が多くなり毛が細くなり色が薄くなる症状が現れます。











また皮膚炎を起こし易くなったり肌が老化し易くなります。
人によって男性は生殖能力が低下インポテンツする事も有り女性は生理不順になる事もあります。



が不足すると体がだるく疲れ易くなり酷くなると貧血で倒れる事もあります。
これは鉄が血液を作り細胞に酸素を運んでいるからです。




カルシウム
が不足すると骨や歯が弱くなり骨粗鬆症になり易くなります。
ちょっと転ぶだけで骨折する場合もあります。
最近の子供は不足気味なので注意が必要です。



これら栄養欠乏による病の例10種は極一部です。

実際には栄養素の種類だけでも数十種在り栄養欠乏で生じる病は驚くべき数です。
医食は脳と臓器が要する大半43種の栄養を配備して作る為想定される殆どの病が予防出来ます。
大半の病が予防出来る事で理論上生活習慣病予防に効果的で抑制出来ると公表しています。





高齢者低栄養新型栄養失調

世間には肥満栄養失調が増えていたり高齢者ミネラルと水分不足が考えられる症状体重減少.風邪や感染症に掛り易い.皮膚炎を起こし易い.肌が乾燥していて弾力が無い.転び易いが目立ちます。 
水分補給は高齢者でも最低1日1.5㍑の補給は必要であると考えられます。
水分が足りない脱水症状が長期に亘り続いていると痴呆症認知症になる確立割合が増します。





貧困給食明日子供達 

世界には毎日食べられない子供が沢山いる中日本は豊かで📺番組でも料理特集が多い様です。 
しかしシングルマザが増え日本の6人に1人は貧困で満足に食べられない現実が有り栄養障害に陥っている子供達は年々増えています。








ママもカップ麺や冷食を主食に働き続ける傾向にあります。
お母さん忙しいでしょうが自身お子さんの為に医食を調理して常食ください。
1度の調理で8食分の医食が安価に出来ます。
残り物の具を盛付けパックして冷凍するお母さんが多いです。








現代医食
には豊富なミネラルナトリウムカリウムマグネシウムリンやビタミンまた植物繊維を配合します。
これら1つ栄養が足りないだけで上記の様な深刻な病に陥ってしまうのです。
医食を習慣的に常食すると免疫力と自然治癒力が高まり多くの病が予防されます。


どの栄養.ミネラル.植物繊維含まれます。


タンパク質 7.59g 脂質 6.20g 炭水化物 40.63g 植物繊維 5.03g ナトリウム 74.83mg カリウム 294.97mg カルシウム 76.57mg マグネシウム 65.04mg リン 166.42mg  1.87mg 亜鉛 1.11mg  0.56mg マンガン 0.90mg 葉酸 31.39㎍ パントテン酸 0.93mg ナイアシン 2.57mg βカロテン 67.21㎍ カテキン 65.00mg ビオチン 2.58㎍ カフェイン 11.5mg セレン 1.98㎍ クロム 0.55㎍ モリブデン 17.74㎍ レチノール 3.07㎍ ヨウ素 293.81㎍ テアニン 8.00mg ケルセチン 0.45mg コエンザイムQ10 0.01mg トコトリエノール 0.16mg コレステロール 32.40mg 脂肪酸 0.61g ポリサッカロイド 2.56mg ギャバYアミノ酪酸 0.25mg 塩分 0.51g ビタミンB1 0.47mg ビタミンB2 0.14mg ビタミンB6 0.24mg ビタミンB12 0.41㎍ ビタミンⅭ 5.03mg ビタミンE 1.07mg ビタミンÐ 0.34mg ビタミンA 19.26㎍ ビタミンK 37.67㎍ 

以上43種で構成していますが産地違う食材にて+-5%誤差が生じる可能性が有ります。


栄養不足とは反対に塩分摂り過ぎの脳卒中等の病も増えています。 
これら病を未然に防げる食事栄養食を毎日作り続けるのは無理が有ります。 





現代医食
は食による栄養欠乏を無くし自然治癒力が蘇る様に企て設計ています。
習慣病は脳と臓器が1日に要する栄養を途切れる事無く供給すると確実に減ります。


栄養過多偏食そして偏りが原因
栄養障害は何れかの栄養素が不足あるいは過剰な状態です。
最も多いのはタンパク質不足で免疫機能の低下が窺えます。

サプリ
        医食して見ては。


サプリメント健康食品で足りない栄養を補充される場合特定栄養素だけを過剰に摂り過ぎない様注意ください。
偏った摂取で支障を来す事例が増えています。
医食.1パックで標準的な人が1日に要する栄養を摂取する事が出来ます。
過度の運動をする人や特殊な体質の人を除いては栄養障害に陥る心配は回避出来ます。




大半人は医食.1パック朝食で十分で昼.夕タンパク質野菜ビタミン中心食事を心掛けると理想的な体づくりが出来ます。


新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト