脳と臓器に有益な医食の存在
ホーム > 脳と臓器に有益な医食の存在

脳と臓器に有益な医食の存在


 バイオ納豆菌.酪酸菌
を相乗させる
   医食製法技術特許栄養が偏る事なく全て摂取吸収できます。
   またバイオ納豆菌.酪酸菌
力を相乗させ腸内環境を素早く整えます。
   〔免疫強化療養食は43種の栄養成分バイオの相乗効果で免疫機能をフルに発揮させます





納豆菌
酪酸菌
   



 酪酸菌は,臭豆腐や.ぬか漬けに含まれています。 
  これら有益菌は人体の再生.修復能力を向上させると思われます。


腸内酪酸菌が増殖する企て食材調合をする
酪酸菌事は以前然程知られていませんでした。 しかし今は健康面で最も重要な存在である事が確認
されています。
酪酸菌は腸に届いた植物繊維を発酵.分解して増える事で調整作用肥満予防.腸老化細胞炎症予防で様々貢献しています。 相乗させ効力を極めた事で、健康効果が体感度合が強い判り易いとの声が多いです

なので医食に用いる食材は栄養価だけに限らず納豆菌酪酸菌が増殖し易い活躍割合を見極め調合しています。 
酪酸菌は整腸作用が強く肥満予防炎症予防免疫機能調整役まで担ってくれ免疫向上には重要な存在です。悪玉菌の発育を抑制し、増え過ぎを防ぎます。詳細は.酪酸菌で検索ください








      免疫向上
を図った医食


酪酸菌乳酸菌
ビフィズス菌善玉菌が増え易い環境を創る事で腸内が弱酸性に成りカルシウムマグネシウム等吸収性が向上しミネラル不足を補う役割もします。
酪酸を創り出す腸内細菌は酪酸菌働きを促し増やす役割を担ってくれます。

 近年.酪酸菌の整腸作用が広く知られ、酪酸菌入りのサプリメントを服用する人までいます。 
  酪酸菌が在る食材は臭豆腐と.ぬか漬けで、ぬか漬けを多く食す地方では長寿者が多い事が知られています。
  もしかしたら腸での酪酸菌増殖の企てが、齢と共に損傷するDNAを修復に導く生体分子NADや、FAD
  「生物界で広く使用される電子伝達体に大きく影響し、貢献したのかも知れません。



健康寿命を延ばしてくれる医食常食

現代医学で健康長寿に酪酸菌が関係する事が明らかになっています。
医食を常食していると第1ステップに便オナラ臭いが薄くなる
兆候が表れます。 〔病弱者の常食は体感度がMax、効力に驚かれる様です〕

第2血圧血糖値が正常値に向い安定します。
第3髪が自然と潤ってきます。
欧米のドックフードを常食する犬は、毛並みが綺麗なのと同じ効果を齎せます

第4段階に至ると免疫力治癒力が本来力を断続的に発揮する事で精神的ストレスをも和らげ緩和脳が冴え働きが良くなる癌が抑制出来る事が医学的に実証されています。
5年を超えて常食する人が周囲から若々しいわねと言われたり自身でも若さ活力を感じると口走るのはこれらの項目からです。 常食を続ければ続けるほど、同年代との違いがアリアリと窺えます

栄養バランス食を食べていても効果を感じないと言う人は多いですが、そんな人は是非試してください科学的見解を成して創る医食常食世界研究者が認めるは違いが判ります。
 脳と臓器はネットワークで形成され、栄養が欠乏すると、ストレス自律神経失調症の症状を発症老化の原因します。




  美貌.
ビタミンB群  
   医食を常食すると常に腸内環境が整い善玉菌は効率よく植物繊維を分解しビタミンB1.
   B
2.B3.B5.B6.B7.B9.B12.BK.など容姿を若くするビタミンB群を続々創り出してくれます。
   第3段階では
肌が潤って来るビタミンB群が活躍します。
   ビタミンB群様に善玉菌が植物繊維を分解する事で創り出される成分もあります。 

   第3毛質肌が潤い綺麗になる                 どちらが好きですか





第4、 5年10年常食を続けると同年代より断然若くなる 
ストレスを生じない健康寿命は120歳

健康に関連する研究は面白く、日本に限らず世界に目を向けると様々な情報を教えてくれます。
動物は若く逞しく生きる遺伝子は具えていても老化する遺伝子は具えてはいません。
老け顔や生気無い弱々しい容姿原因は様々ありますが中でもストレス蓄積食習慣による栄養偏りが多くを占めます。 医食による朝食の常食は一般食と違い、健康効果が強く体感度合顕れ、第1.第2.第3と成果が窺えます

私は治験デ収集仕方なく20年以上医食を常食した結果御蔭なのか70歳を過ぎても50歳前後にしか見られず施設入園等高齢者割引は決まって年齢確認証明書提示を求められます。
現在レシピに落着いたのは50歳頃ですがそれから20年以上経ちますが当時容姿写真や気迫とほぼ変わりません。 また同じDNAを受継ぐ兄弟は男4人皆70代年子ですが私1人若々しく浮いた存在で3人は一般的なお年寄り白髪.ハゲ.シワに見えます。

同級生










医食健康理論テロメアカウントが遅くなる

医食を何年にも亘って常食していると栄養障害によるストレス脳が別ル伝達神経で障害を回避しようとする緊張状態が無くなり更にバイオ相乗効果で老化細胞炎症が抑えられ老化が遅くなると思われます。
これは不思議であり生命不思議とされるカウントダウンテロメアは自身容姿健康状態意欲.活力を脳が司り遅くしたり早めているのではないかと仮説を立てたくなります。 詳しくはテロメアで検索ください

神経は体中で一番早く衰退老化しますがテロメアカウントは神経衰退速度に比例する様にも窺えます。
医食常食による老化停滞は容姿だけに限らずWebでは率直に言えませんが男性場合、若い頃と同じ精力に身体がどよめきます。 糖尿病予備軍の男性の皆様、医食ダイエットを試みてください。 人生感が変り
ます


神経伝達物質関係
神経伝達物質とはニュロンと細胞との間で信号を伝達する脳内化学物質です。
少なくも100物質がありそれぞれ異なる機能を持ちます。
セロトニンパミンノルアドレナリンアセチルコリン.4つの重要な神経
伝達物質は食事影響を直接受け
睡眠行動気分記憶エネルギ重要
な役割をしています。

医食を常食していると何となく元気を感じるのは43種栄養成分脳に効果的
に働くからです。


欧米犬は昔と比べ倍近く長生きになっただけで無く老衰近くまで元気で精力的に子孫を残そうとします。
大半動物は子孫を残せない健康状態になると時期死を迎えます。 性欲が強い人は健康で長生きする人が多い

これは人も同じで若々しく見える.お年寄は長生きで老人顔人は精力意欲.活力も無く早く亡くなっています。
健康長寿は現在43兆円を超える国民医療費を数兆円規模で削減できると思われます。

    週2だ。                     
              早くから常食すれば良かった





   免疫強化療養食医食.クリック



2020年末で医食を常食している人は6万人を超えたと思われます。 しかし寄せられる📧から判断するとその大半がダイエット目的女性と思われます。 医食の存在必要性を広く知って頂き、子供やお年寄りにも常食して貰いたいです

治験デは現在レシピになる前はモニタ募集で行っていましたがその後治験断食テストは私1人で行っています。 HP公開から10年近く経ちますので、今後同年代より若く見られると言った📧も、多く寄せられると確信しています

今後日本健康食業界も世界レベルに成長し無い栄養学人体構造学治験治療食を販売する事でしょう。



新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト