脳と臓器に必要な現代医食
ホーム > 脳と臓器に必要な現代医食

脳と臓器に必要な現代医食

バイオコラボ



悪玉菌
納豆菌関係
腸内細菌比率はおおよそ善玉菌が2悪玉菌が1日和見菌が7割合で生息しています。
悪玉菌
悪玉菌
は悪名称ですが大事な役目も担っており
肉などタンパク質を分解して消化.吸収を助けています。 また善玉菌勢力が一方的に強くなると病原菌侵入に対し何故か生命不思議抵抗力自然治癒力が弱くなり些細な事で風邪をひいたり感染病に掛ったりします。
これは悪玉菌日和見菌中にも健康を育む上で必要な菌が存在する事を意味しています。


悪玉菌日和見菌が大きく
バランスを崩さず共に生息してこそ治癒力が正常に働き健康が保たれているのです。 
テレビで一方的に悪玉菌を卑下する番組を鵜呑みにせず自身で調べ学ぶ事も必要です。
インタネットで調べるとためになる現代医学最新情報が次々に発表されています。


 免疫獲得
生まれたばかり赤ちゃんには善玉菌しかいません。 
母乳を飲んだり周囲と交わる事で悪玉菌を貰います。
この悪玉菌様々な病から身を守る免疫性獲得に結び付いているのです。


 


人は免疫を獲得し
治癒力を養うことで病に負けない体になる様設計プログラムされています。 

悪玉菌勢力が暗黙ラインを超えると便オナラが臭くなるサイン兆候で知らせてくれます。
医食を常食すると便オナラ臭いが薄くなるのは腸内環境が改善された事を意味します。

体調を整えるには悪玉菌善玉菌絶妙なバランスをキプする必要が有ります。

医食
はこのバランスをキプする為納豆菌力を借りています。

納豆キナ乳酸菌力を借りても出来るのですが双方共に調理胃酸に弱く肝心大腸まで届ける事が出来ません。

   ぼくの



しかし納豆菌120熱にも強い酸にも負けず大腸まで楽々到達します。 また
大腸に元々生息する乳酸菌ビフィズス菌に好影響を与え共存する特性を備えています。


更に不思議な事に善玉菌が特別優位に立つ事も無く絶妙に悪玉菌とのバランスを保ってくれるのです。



医食玄米生地との相性も良く
納豆を増やさず生地納豆菌拡散培養を計っています。
医食に納豆菌バイオを加えた事で効力が増し短期間で便オナラ臭いが減少する兆候が表れます。



美貌.ビタミンB群  
善玉菌は植物繊維を分解しビタミンB1.2.B3.B5.B6.B7.B.9.B12.BK.など容姿を若くするB群を続々創り出します。
医食
を常食すると肌が潤って来るのは腸内環境が整いビタミンB群が活躍している証です。




人が生きる上で必要な栄養素脳と臓器に有用な栄養タンパク質脂質ビタミンミネラル植物繊維1つの食材中にも色々な栄養素が複雑に絡み構成されています。

食材成分以外にもビタミンB群様に善玉菌が植物繊維を分解する事で創り出される成分も有ります。 しかし無暗やたらと食べても消化吸収される範囲には限りが有るので排便無駄対象になる栄養が殆どです。


医食
は食材栄養を胃腸が消化吸収出来る範囲食事量を見極める為常食での体感便臭いや体臭体調を確認しながらこれら食材ビタバレ玄米,胡麻カレココアバジルカロチ黒酢、ニンニク生姜一味コショウトマトジュウス片栗粉牛乳玉子長芋玉ねぎ椎茸ひじき干し海老いりこ粉茶くるみを用いて調理します。
 
脳と臓器が1日に要する栄養素並び成分量は消化吸収出来る範囲に多少ズレがあっても、1パック約190gに収めた量で十分で有り栄養障害を招く事はありません。 
これに肉タンパク質とブロッコリ主体野菜が昼.夕時食事に加わると完璧と言えます。


惣菜極力.野菜



医食は医薬品サプリメントと違い
天然素材で作りますが安価で通年揃えられる食材を優先しています。
分量は1食で脳と臓器がストレス無く活動出来る栄養量を見極め調合しています。

 化粧受けの肌になります.





1日1食断食テスト

現代医食常食安心安全を確かめる上で実施した断食テストは朝医食.1パックだけの食事を1か月30
に亘り月を改め2度実施しています。

結果目に見えて痩せはしましたがその間体調.頭脳共に良好でした。
玄米生地医食に用いたこれら食材は実用新案登録しています。
 軽はずみで断食真似はしないでください。



新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト