脳と臓器に有益な療養食
ホーム > 脳と臓器に有益な療養食

脳と臓器に有益な療養食

バイオ添える
腸内細菌納豆菌関係
腸内細菌割合はおおよそ善玉菌が2悪玉菌が1日和見菌が7割合で生息しています。

   共存

 
 
悪玉菌 ≫ 生命不思議

悪玉菌
は悪名称ですが大事な役目も担っており
肉などタンパク質を分解し消化.吸収を助けています。 また善玉菌勢力が一方的に強くなると病原菌侵入に対し何故か生命不思議抵抗力免疫力が弱くなり些細な事で風邪をひいたり感染病に掛ったりします。
これは悪玉菌日和見菌中にも健康を育む上で有益な腸内菌が存在する事を意味しています。
悪玉菌日和見菌そして善玉菌が人類誕生から駆引きをしながら住処とする人体を共に守りつつ生息する働きが免疫機能維持.安定に繋がり健康が保たれているのです。 

自然界に存在し体内で生息する菌は各々が役割を持ち現代医学では解析出来ない絶妙なバランスを保って
います。 感染病を蔓延させるウイルスとて過去に人間生命体DNE遺伝子と深く関っているのです。

テレビで一方的に悪玉菌を卑下する番組を鵜呑みにせず自身で調べ学ぶ事も必要です。
テレビで知る知識だけでは自身家族を守る事はできません

今はWebインタネット生活情報医療知識を掴む時代です。


 免疫獲得
生まれたばかり赤ちゃんには善玉菌しかいません。 
母乳を飲んだり周囲と交わる事で悪玉菌を貰います。
この悪玉菌様々な病から身を守る免疫
獲得に結び付いているのです。


 



人は免疫を獲得し自己
治癒力を養うことでケガに負けない体にプログラムされています。
 

悪玉菌勢力が暗黙ラインを超えると便オナラが臭くなるサイン兆候で自身に警告してくれます。
医食を常食すると便オナラ臭いが薄くなるのは腸内環境が改善された安定した」事を意味します

納豆菌
体調を整えるには悪玉菌.日和見菌.
善玉菌絶妙なバランスをキプする必要があります。

医食
はこの絶妙なバランスを得る為栄養素以外に納豆菌バイオ力を借りています。
納豆キナ乳酸菌力を借りても可能ですが共に調理胃酸に弱く
大腸まで有益菌を届ける事が出来ません。



しかし納豆菌120調理熱にも耐え、胃酸にも負けず大腸まで楽々到達します。 また
大腸に生息する乳酸菌ビフィズス菌に好影響を与え共存する特性を備えています。

更に不思議な事に善玉菌が特別優位に立つ事も無く絶妙に悪玉菌.日和見菌.善玉菌とのバランスを図ってくれるのです。



医食玄米生地との相性も良く
納豆量を増やす事無く生地納豆菌拡散培養を計ってくれます。   1食40円弱医食レシピ クリック 

医食納豆菌バイオを添えた事で腸内環境を整える力が一層増し短期間で便オナラ臭いが薄くなります。



美貌.ビタミンB群  
善玉菌は植物繊維を分解しビタミンB1.2.B3.B5.B6.B7.B.9.B12.BK.など容姿を若々しくする
B群を続々と創り出してくれます。

医食
を常食すると肌が潤って来るのは腸内環境が整いビタミンB群が活躍するからです。



人が生きる上で必要な栄養素脳と臓器に有益な栄養タンパク質脂質ビタミンミネラル植物繊維一種類食材にも様々な栄養素が複雑に絡み構成されています。
食材成分以外にもビタミンB群様に善玉菌が植物繊維を分解する事で創り出される成分も有ります。 しかし無闇に食べても消化吸収許容範囲には限りが有り無駄便になるだけです。

臓器が1日に必要な栄養は私達が想像する以上に少ない量医食1カット分以下です。
しかし一つでも長期に亘り不足すると致命的なストレス障害が生じ
ます。
偏った栄養を無駄に摂る事無く少量必須栄養素を日々補充する事常食が大切なのです。

新着情報&ブログ

過去の記事


現代医食
モバイルサイト